翠・髙橋誠記念館について

 

色絵磁器と染付の作家・髙橋誠が生涯にわたり制作活動を続けたその場所に記念館をつくりました。季節に合わせ、色彩豊かな作品を様々に展示いたします。

緑豊かで海が見渡せるギャラリーの前は、トレッキングコースにも指定されている爽やかな散策路です。

ぜひ皆様でご来館ください。

 

●春・秋の年2回、開館期間を設けております。

●詳細はnewsをご覧ください。

●期間以外に見学ご希望の方はご予約をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、水面から飛びたったような滑らかで軽やかな「翠」の字は誠が敬愛して止まなかった落語家・柳家小満んさんの書によるものです。

様々な野鳥の中でも代表的なモチーフであった翡翠の色は、誠が長年研究を重ね作り上げたものでした。その翡翠から「翠」という字をとり、記念館の名前といたしました。

 

 

 

© 2016-Makoto Takahashi Museum All right reserved.

News

記念館

髙橋誠

作品

ご利用案内